世界まる見え|センザンコウとは?ウロコの用途は?1/27


【世界まる見え|センザンコウとは?ウロコの用途は?1/27】

「世界まる見え!テレビ特捜部水原希子もあ然!見た目が怪しい奴らSP」
 
 
今回の放送では

・特殊メイクで猫や豚に変身!爆笑お見合い番組

・まるで恐竜!ウロコを持つ珍獣センザンコウ

・ハロウィーンの悪夢!水原希子もあ然

という内容で放送されるみたいですね!
 
 
そこで今回は、

【世界まる見え|センザンコウとは?ウロコの用途は?1/27】

について、詳しく見ていきたいと思います!

 
スポンサーリンク

世界まる見え|センザンコウとは?1/27


出典:http://animallover.hatenablog.com/

センザンコウは松ぼっくりのようなウロコで全身が覆われています。

写真のように、赤ちゃんの時は

母親のしっぽに捕まって生活するそうですよ。

なんともかわいい姿ですね^^
 
 
オオセンザンコウは、

体長が75㎝から85㎝メートルほどあり、

尻尾が65㎝から80㎝ほどあるそうです。

体重は1,2キロから2キロほどです。
 
 
大きさと見た目のわりに軽い感じがしませんか?

鎧のようなウロコで覆われているので

もっと重い印象を受けますが、

1~2キロほどとは意外です。
 
 
またオナガセンザンコウという

尻尾の長い種類もいるみたいですね。

センザンコウの種類は全部で8種類いるようです。

 
スポンサーリンク

世界まる見え|センザンコウのウロコの用途は?1/27

センザンコウのウロコはアルマジロのウロコとは違い、

防御装甲だけでなく、

刃のように攻撃する用途もあるようです。

長い尻尾を振り回して攻撃するそうですよ。
 
 
また人がセンザンコウを狩猟してきたのは、

ウロコが防弾チョッキの開発研究につかわれたり、

中国では漢方薬や媚薬として使われたそうです。
 
 
他には、

インドではリウマチに効くというお守りだったり、

アフリカで魔除けだったり、

ベトナムでは民族楽器の材料になったりしていたそうです。
 
 
他の動物と比べ神秘的な感じがするので

魔除けやお守りに使われていたというのは分る気がしますね。
 
 
ただそういう理由で乱獲されていたため、

過去10年の間に100万頭が狩猟されていて、

8種類のセンザンコウのうち2種類は

絶滅危惧種にしていされているようです。

 
スポンサーリンク

「世界まる見え|センザンコウとは?ウロコの用途は?1/27」のまとめ

今回は、センザンコウとは?ウロコの用途は?

ということについて詳しく見てきました。
 
 
センザンコウはその見た目と固いウロコの装甲などから

魔除けやお守り、防弾チョッキにまで

利用されてきたということが分かりました。

漢方に使われたり、食肉だったりと、

様々な用途に使われてきたため

たくさん狩猟されてきたのですね。
 
 
絶滅危惧種になるような狩猟は辞めてほしいですね。

ちゃんと共存していけるようにこれからの時代は

調整していく必要がありますね。

テレビ

Posted by purelivin